MENU

過去は追ってはならない、未来は待ってはならない。ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない by お釈迦様

お釈迦様の「過去は追ってはならない、未来は待ってはならない。ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない」という言葉を紹介します。

¥1,320 (2024/04/10 18:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

何にもとらわれず、自由な心で生きるためのブッダの知恵を、正眼寺住職が自らの経験談も織り交ぜながら解説。
さらに、美しくやさしい日本画が言葉のイメージを広げます。日々の過ごし方をゆっくりと見直すきっかけになる1冊です。

この言葉は、私たちに人生の在り方について深く考えさせてくれる教えです。

「過去は追ってはならない」という教えは、私たちが過去に縛られてしまうことの危険性を警告しています。

過去の経験、特に失敗や後悔は、私たちの心に重くのしかかることがあります。

それによって、現在の行動や将来への決断が阻害されることがあります。

新しいことに挑戦する中で失敗することも多いでしょう。

しかし、それらの失敗は貴重な学びの機会でもあります。

失敗から得られる教訓を活かし、次に進むことが大切です。

過去の失敗を引きずってばかりいると、自信を失ったり、新しいチャレンジを恐れるようになってしまうかもしれません。

その結果、自分の可能性を狭めてしまい、新たなチャンスを逃すことになりかねません。

また、過去にこだわることは、現在の幸せや満足感を損なうことにもつながります。

過去の失敗や後悔に焦点を当て過ぎると、現在持っているものや達成していることを見落としてしまうことがあります。

これは、自己成長や人生の充実感を阻害することになります。

したがって、「過去は追ってはならない」という教えは、過去の経験から学ぶことの大切さを否定するものではなく、過去に囚われ過ぎず、現在の瞬間に集中し、前向きに生きることの重要性を強調しています。

この教えは、自分の可能性を信じて前に進む勇気を与えてくれるものであると言えるでしょう。

¥1,320 (2024/04/10 18:17時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

生きがい、家族、友人、異性、孤独、お金、ストレス、健康、教養……自らも60代として活躍し続けるベストセラー著者が、人類史上最高の知慧を、現代を生きる60代向けに初めて読み解く。

次に、「未来は待ってはならない」という教えは、私たちが将来の夢や目標に向かって努力することの重要性を強調しています。

しかし、同時に、未来のために現在を犠牲にしてはならないとも警告しています。

将来の夢や目標を持つことは、人生に方向性を与え、モチベーションを高めることにつながります。

しかし、その夢や目標が達成されるのは未来のことです。

そのためには、現在、日々の努力が不可欠です。

例えば、将来的に成功したビジネスパーソンになりたいと考えている学生は、そのために必要なスキルを身につけたり、関連する知識を学んだりする必要があります。

これらの努力は、現在の時間とエネルギーを要求します。

一方で、未来の夢にばかり焦点を当ててしまうと、現在の生活や人間関係、健康などがおろそかになる恐れがあります。

たとえば、仕事や勉強に没頭しすぎて、友人や家族との時間を犠牲にしたり、睡眠や運動を怠ったりすることは、長期的には自分自身にとって良くない結果をもたらすかもしれません。

また、現在の小さな喜びや成果を認めることなく、常に未来の成功に目を向けていると、人生の充実感や幸福感を感じることが難しくなることもあります。

したがって、「未来は待ってはならない」という教えは、将来の目標に向かって努力することの大切さを認めつつも、その過程で現在の瞬間を大切にし、現在の生活を充実させることの重要性を教えています。

このバランスを見つけることは、自分自身の成長と幸福にとって非常に重要です。

次に、「ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない」という教えは、私たちに現在の瞬間の価値と、その瞬間に真剣に取り組むことの重要性を伝えています。

人生は、過去から未来へと続く一連の瞬間から成り立っています。

私たちが経験するすべてのことは、現在の瞬間に起こります。

このことから、現在の一瞬一瞬を意識的に生きることが、充実した人生を送るための鍵であると言えます。

例えば、今この瞬間に集中して勉強することで、将来の夢に近づくことができますし、今この瞬間に友人や家族との時間を大切にすることで、人間関係が深まります。

また、「強く生きる」とは、単に精神的に強いということだけではなく、自分自身に正直であること、自分の信念や価値観に基づいて行動することを意味します。

これは、外部の圧力や他人の期待に流されることなく、自分自身の内面に従って生きることを意味します。

学生や若手の社会人にとっては、周囲の人々や社会の期待に応えようとする中で、自分自身の価値観や目標を見失いがちです。

しかし、自分自身の内なる声に耳を傾け、自分自身の信念に従って行動することで、より充実した人生を送ることができるのです。

この教えは、人生の中で直面する様々な挑戦や困難に対処するための指針となります。

現在の瞬間に集中し、自分自身に正直でいることで、困難な状況でも自分自身を見失うことなく、より良い選択をすることができるようになります。

まとめると、「ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない」という教えは、現在の瞬間を大切にし、自分自身の信念に基づいて行動することで、充実した人生を送ることができるというメッセージを伝えています。

この教えは、自分自身の内面に向き合い、自分の人生を主体的に生きるための重要な指針となるでしょう。

お釈迦様、またはブッダは、紀元前5世紀頃に現在のネパールとインド国境地域で生まれたとされる、仏教の創始者です。

彼の生涯は、苦しみからの解放と悟りの探求を通じて、人々に深い影響を及ぼし続けています。

お釈迦様の本名はゴータマ・シッダールタと言われ、シャカ族の王子として生まれました。

彼は幼少期を王宮で何不自由ない生活の中で過ごしましたが、成人してから外の世界を見たとき、病・老・死といった人間の苦しみに深く心を動かされました。

この経験から、彼は人生の真の意味と苦しみからの解放を求めて、29歳で王宮を出て、修行者としての生活を始めました。

シッダールタは様々な修行方法を試みましたが、どれも彼が求める答えを与えてはくれませんでした。

厳しい苦行に励んだ後も悟りには至らず、最終的には自らの体を極限まで追い込むことで瀕死の状態に陥りました。

この時、スジャータという村の女性が彼に出会いました。

スジャータはシッダールタに乳粥を提供し、これが彼の体力回復のきっかけとなりました。

シッダールタはこの出来事を通じて、極端な苦行だけが解決策ではないことを悟り、中道の重要性を理解しました。

その後、シッダールタはボードガヤにある菩提樹の下で瞑想を行い、ついに悟りを得ました。

この悟りにより、彼は「ブッダ」、すなわち「悟った者」と呼ばれるようになりました。

スジャータの優しさと乳粥は、シッダールタが悟りを開く旅の大きな転換点となり、彼の教えにおいて
「中道」の概念を象徴する出来事として後世に伝えられています。

ブッダが悟りを開いた後、彼は45年間にわたってインド各地を遍歴し、多くの人々にその教えを説きました。

¥858 (2024/04/10 18:44時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

「人間は誰でも、…ブッダになる可能性を秘めている」。スリランカ出身の学僧ラーフラ(1907―97)は、最古の仏典に収められたブッダのことばのみに依拠して、仏教の基本的な教えを体系的に説いた。究極的真理をめざす実践の本質とは? 近代精神を意識して書かれた英語圏最良の仏教概説書。

彼の教えの中心は「四諦」です。

四諦とは、仏教の基本的な教義であり、人生の苦しみとその克服に関する真理を示しています。

苦諦(くたい):人生には苦しみが存在するという真理です。

これには生老病死の苦しみだけでなく、欲求不満や失望、精神的な不安定さなど、人間が経験するあらゆる種類の苦しみが含まれます。

集諦(しゅうたい):苦しみの原因は欲望や執着にあるという真理です。

人間はしばしば物質的な富、名声、快楽などに執着し、それらが満たされないときに苦しみを感じます。

滅諦(めったい):苦しみからの解放が可能であるという真理です。

この解放はニルヴァーナと呼ばれ、欲望や執着から自由になることによって達成されます。

道諦(どうたい):苦しみからの解放への道は八正道によって実現できるという真理です。

八正道とは、正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定という八つの実践項目からなり、倫理的な生き方、心の訓練、智慧の開発を促します。

ブッダの教えは、単に哲学的な思想ではなく、実践的な生き方を提案しています。

倫理的な生き方とは、他者に害を与えず、誠実であることを意味します。

心の訓練とは、瞑想などを通じて心を鎮め、集中力を高めることです。

智慧の開発とは、物事の真実を深く理解し、自らの行動や心の状態に気づくことです。

ブッダの教えは、人間の苦しみの本質を明らかにし、それを克服するための具体的な方法を示しています。

この教えは、個人の内面的な変化を重視し、心の平和と穏やかさを追求することで、より幸福で充実した人生を送ることができると説いています。

ブッダの死後、彼の教えは仏教として体系化され、アジア全域に広がっていきました。

彼の教えは、様々な形で解釈され、多くの宗派や流派が生まれましたが、すべての仏教の中心には、苦しみからの解放と悟りの追求というブッダの基本的なメッセージがあります。

ブッダすなわちお釈迦様の一生は、人間の苦しみを深く理解し、それを克服するための道を示したことで、今日でも世界中の多くの人々に尊敬され、その教えが実践されています。

彼の生涯と教えは、人類にとって普遍的な価値を持ち、心の平和と幸福を求める人々の指針となっています。

お釈迦様の「過去は追ってはならない、未来は待ってはならない。ただ現在の一瞬だけを、強く生きねばならない」という言葉は、非常に深い意味を持っています。

この言葉は、過去にとらわれずに、未来への不安に捉われることなく、今この瞬間を大切に生きることの
重要性を説いています。

人生においては、自分自身の価値観に基づいて、今を精一杯生きることが何より大切です。

過去の経験から学び、未来への展望を持ちつつも、現在の一瞬一瞬を大切にすることが、充実した人生を送るための鍵となるのです。

お釈迦様の教えは、物事の本質を見極め、心の平和と穏やかさを追求することで、より幸福で豊かな人生を手に入れることができると示しています。

この教えに倣い、自分らしく、そして今を全力で生きることをお勧めします。

心の平和を実感し、より充実した人生を送るための一歩として、この教えを日々の生活に取り入れてみてください。

※画像はイメージです。必ずしも文章の内容を正確に反映したものではありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次