MENU

一日一善 by 宮本武蔵

宮本武蔵の『一日一善』という名言を紹介します。

¥440 (2024/01/19 16:50時点 | Amazon調べ)

新免一族の体面を汚した新八郎を討たんとする無二斎。その息子・弁之助は、父の厳しい鍛錬のもと、ひたすら修行に打ち込む。――そう、彼こそが後に「宮本武蔵」を名乗り、天下にその名を轟かせる武傑となる――! 

最初にお断りしておきますが、「一日一善」という言葉は、宮本武蔵の言葉として知られていますが、実際には彼の著作には見当たりません。

この言葉は、一般的に仏教の教えや、江戸時代の道徳書などに見られる思想であり、後世に人々が彼の生き方や哲学と結びつけて語られるようになったものです。

余談ですが、一日一善の「善」をお膳の「膳」と勘違いしている人がときどき見受けられます。

すなわち、一日に一食しか食事をとらずストイックな生活をすることだと思っている人がいますが、全然違います。

「一日一善」という言葉は、小さな善行を毎日行うことの大切さを表す日本の伝統的な思想です。

この概念は、彼の生き方や教え、特に彼の著作「五輪書」に見られる精神的な成長と自己改善の思想と密接に関係しています。

宮本武蔵は、1584年に生まれ1645年に亡くなった日本の歴史上最も有名な剣豪の一人です。彼の生涯は、多くの決闘や旅を通じて、剣術だけでなく人生哲学においても深い洞察を得たことで知られています。

彼の最も有名な著作「五輪書」は、地・水・火・風・空の五巻から成り剣術の技術だけでなく、人間としての成長や精神的な強さに関する深い教えを含んでいます。

「一日一善」という言葉の起源は明確ではありませんが、この考え方は仏教の教えや日本の伝統的な道徳観に根ざしています。

文字通りには、毎日少なくとも一つの善い行いを行うことを意味し、個人の精神的な成長と社会全体の福祉の向上を目指します。

仏教では善行を積むことで良いカルマを築き、儒教では倫理的な行動や他者への思いやりを重視しています。

宮本武蔵が直接「一日一善」という言葉を用いた証拠はありませんが、彼の教えや生き方はこの思想と密接に関連
していると考えられます。

彼は剣術の技術を極める過程で、日々の行いや心構えにも注意を払い、常に自己を見つめ直し、成長し続けることの
重要性を説いていました。

「五輪書」における教えは、形式や技術にとらわれず、常に流動的で柔軟な思考を持つことを強調しています。

現代社会において「一日一善」を実践することは、自己の精神性を高め、社会全体の倫理的なレベルを向上させること
に寄与します。

具体例をみてみましょう。

  • 親切な行動:日常生活において他人に親切にすること。例えば、困っている人に手を差し伸べる、感謝の言葉を伝えるなどが含まれます。
  • 環境への貢献:環境保護のための行動を取ること。例えば、ごみの正しい分別、公共交通機関の利用、節電や節水など。
  • ボランティア活動:地域社会や社会的な弱者を支援するためのボランティア活動に参加すること。
  • 自己啓発:自分自身のスキルアップや知識の習得。例えば、新しい言語を学ぶ、専門分野の知識を深めるなど。
  • 健康への配慮:健康的な生活を送ること。例えば、バランスの取れた食事を心がける、定期的に運動するなど。

「一日一善」を実践することは、個人の内面の充実をもたらすと同時に、社会全体の福祉を高めることにも繋がり
ます。

日々の善行は、他者への思いやりを育て、コミュニティにおける協調と支援の精神を強化します。

これにより、個人は自己の充実感と共に社会的な責任感を得ることができます。

まとめると、宮本武蔵の教えと「一日一善」という思想は、彼の生き方や「五輪書」に見られる教えから導き出される
精神として、現代社会においても大きな意味を持ちます。

このシンプルだが強力な思想は、個人の日常生活における小さな行動の積み重ねが、最終的には自分自身と社会全体に
良い影響を与えることを示しています。

宮本武蔵の哲学と同様に、「一日一善」は私たちに内面的な成長と外界との調和を求めることを教えてくれる貴重な指針です。

宮本武蔵の『一日一善』という名言はあなたの座右の銘となりますでしょうか?

楽天ブックス
¥693 (2024/07/16 22:09時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

屍ひしめく関ケ原で命からがら落ち延びた武蔵と又八。お甲・朱実母娘の世話になり一年後、武蔵はひとり故郷に戻るが、その身を追われ…。吉川英治が描く「宮本武蔵」は、戦国時代を駆け抜けた一人の男の成長と冒険、そして内面の葛藤を描いた壮大な叙事詩です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次