MENU

幸せになるための習慣 by ソニア・リュボミアスキー

ソニア・リュボミアスキーという名前を聞いたことがありますか?彼女は、人がどうやったら幸せになれるか、その秘密を科学的に探求する仕事をしている研究者です。

23か国で翻訳されている世界的ベストセラーが装いを新たに、よりわかりやすくなった!
自分にとっての「幸せ」がわかる本、どうしたら幸せになれるかがわかる本

彼女の研究分野は「ポジティブ心理学」と呼ばれていて、心理学の中でも特に人々が幸せに生きるためにはどうすればいいかを研究する分野です。

多くの人が、お金がたくさんあったり、有名になったり、すごい成績を取ったりすることが幸せの秘訣だと考えがちです。

でも、リュボミアスキー先生の研究は、そういう外から得られるものだけが幸せの全てではないと教えています。

彼女は、幸せになるためには、私たちの心の持ちようや日々の行動がとても重要だと言っています。

例えば、毎日小さなことでも感謝の気持ちを持つこと、友達や家族との良い関係を大切にすること、自分の得意なことや好きなことに時間を使うことなどが、幸せにつながると彼女は提案しています。

これらのアイデアは、彼女の本や研究を通じて、たくさんの人に共有されています。

リュボミアスキー先生の研究のすごいところは、ただのアドバイスや意見ではなく、実際に多くの人を対象にした実験や調査をもとにしていることです。

つまり、科学的な証拠に基づいて、「これをやれば幸せになりやすいよ」と教えてくれるわけです。

ソニア・リュボミアスキー先生が教えてくれる「幸せになるための習慣」は、私たちがどうすればもっと幸せになれるかについて、具体的な方法が紹介されています。

先生は、幸せっていうのは、生まれつき決まっている部分(遺伝)、私たちの周りの環境、そして一番大事な、私たちの行動や考え方によって変わると言っています。

つまり、幸せになるためには、私たちの「行動」や「考え方」がすごく重要だということです。

ここで、「遺伝」とは、親から受け継いだ性格や気質のこと。

たとえば、明るくて社交的な性格や、ちょっと心配性になりがちな性格など、これらは生まれつき持っている部分があるんです。

でも、リュボミアスキー先生は、遺伝だけでなく、「環境」や「自分の行動」によっても幸せは大きく変わると教えています。

「環境」とは、家族や交友関係、学校、職場のことから、住んでいる場所や社会の状況など、私たちの周りのすべてのことを指します。

これらの環境も、私たちが感じる幸せに影響を与えます。

でも、一番大切なのは「個人の行動や思考パターン」です。

これは、自分の考え方をちょっと変えるだけで、幸せを感じやすくなったり、逆に、ネガティブな考え方にとらわれると、幸せを感じにくくなったりするということ。

例えば、「今日一日、一番楽しかったことは何だろう?」と考えるようにすると、ポジティブな気持ちになりやすいですよね。

リュボミアスキー先生は、私たちが自分でできる「習慣」をいくつか提案してくれています。

これらは、毎日ちょっとしたことから始められるもので、例えば感謝の気持ちを持つこと、好きなことをする時間を作ること、友達や同僚との関係を大切にすることなどがあります。

つまり、先生が教えてくれるのは、幸せっていうのは、遠くのどこかにあるものじゃなくて、私たちの日々の小さな「行動」や「考え方」の積み重ねで、自分で作り出せるものだってことです。

だから、毎日の生活の中で、少し意識を変えてみるだけで、もっと幸せに感じることができるんです。

リュボミアスキー先生が提案している「幸せになるための習慣」は、私たちが毎日の生活の中で取り入れることができる具体的な行動や考え方です。

これらの習慣は、科学的な研究に基づいているため、実際に多くの人々が幸せを感じるのに役立っていることが証明されています。

それでは、これらの習慣を一つひとつ見ていきましょう。

[感謝する習慣]

これは、毎日の生活の中で小さなことでも感謝することを心がけるというものです。

たとえば、友達や同僚が親切に教えてくれたことや、美味しい食事ができたことなど、日常の中にある良いことに目を向けることが大切です。

この習慣を持つことで、人生に対する満足感が高まります。

[最適な経験の活用]

ポジティブな経験、つまり楽しいやりがいのある活動を見つけて、それを積極的に楽しむことです。

趣味やスポーツ、芸術活動など、自分が夢中になれることを見つけ、それに没頭する時間を作ることが幸福感を高めます。

[強みと美徳を生かす]

自分の持っている強みや良い性質を認識し、それを日常生活で活かすことです。

自分が得意とすることや、他人から評価されることに意識を向け、それを生かすように努めることが、自信や達成感につながります。

[目標の設定]

達成可能で、自分にとって意味のある目標を設定し、それに向かってコツコツと努力することです。

目標に向かって進む過程で感じる達成感や満足感は、幸福感を高める大きな要因になります。

[人間関係の構築と維持]

友達や家族との関係を大切にし、良好な人間関係を築くことです。

人とのつながりは、支えあい、励まし合うことで、幸福感を感じる重要な源です。

[マインドフルネスとポジティブな思考]

マインドフルネスは、現在の瞬間に集中し、その瞬間を全身で感じることです。

また、ポジティブな思考を持つことで、困難な状況にも前向きに対処することができます。

リュボミアスキー先生は、これらの習慣がすべての人に合うわけではないとも述べています。

大切なのは、これらの中から自分に合ったものを見つけ、試してみることです。

自分にとって何が一番効果的かを見極めるためには、いくつかの習慣を実践してみて、自分の感じ方や変化を注意深く観察することが大切です。

科学に基づいたこれらのアドバイスは、実践することで、多くの人がより幸せを感じることができるようになるでしょう。

¥1,815 (2024/02/19 11:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

「○○でなければ、幸せになれない」「○○すれば、幸せになれる」と思い込んでいることは少なくありません。
しかし、科学的な研究結果によると、それらは「誤った神話」であることがわかりました。
本書では、そのような幸せを遠ざける10の「誤った神話」を入口に、さまざまな研究結果をもとに、“幸せになる方法”を解き明かしていきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次